片方の太腿の横、前に痛みがあるー中臀筋の弱化

太腿の側面がいつも痛い!というあなた。それはきっと中臀筋が弱いのが原因です。

お尻の一番上の外側にあるこのお尻の深部の筋肉は、あまり正しく使われず、弱化の傾向が強い身体の一部です。中臀筋は主に股関節を外転―つまり、脚を横に拡げる動きをしてくれる筋肉ですが、この筋肉が正しく使われないと、身体の他の部分に負担がかかってしまうのです。歩行を考えてみましょう。歩行には多くの筋肉が関わり、バランスをとりながら前進するわけです。中臀筋が弱いと、脚を踏み出した時に股関節の外転がうまくできず、同じ側の骨盤が持ち上がり、反対側の骨盤が沈みます。このようなバランスの悪い動きが続くと、骨盤がずれていき、身体に歪みが生じます。

身体を横から見ると、中臀筋の反対側、前側には大腿筋膜張筋という筋肉があります。中臀筋と隣同士になる筋肉ですが、中臀筋が使われないと、この小さな大腿筋膜張筋が酷使され、やがて腫れ上がっていきます。そして大腿筋膜張筋と繋がっている、太腿の側面にある腸脛靭帯(ITバンド)が緊張して痛くなったり、膝が内側に入って内股になりやすくなります。足首、膝、股関節が整合せず、やがて膝にも痛みが生じるでしょう。私の経験では、日本人は特にこの傾向が強いように思います。

 

デスクワークで何時間も座っていると、お尻の筋肉は硬直するばかりか、どんどん弱くなっていきます。そのままではなかなか元には戻りません。お尻の筋肉をYTUセラピーボール、YTUプラスボール、またはアルファボールで丁寧にほぐしていきましょう。

 

歩く時には骨盤の高さを観察してみてください。どちらか片側が上がってしまっていませんか?ヨガチューナップ®のポーズ、「外転筋スタイド」で中臀筋を鍛えていきましょう。詳しくは、最寄りのヨガチューナップ®認定講師から指導を受けるようにしてください。

 

1 thoughts on “片方の太腿の横、前に痛みがあるー中臀筋の弱化

  1. rie より:

    若い女性が、オシャレに身をまとっている後ろ姿に目を奪われるが二度見することが多い。シーソーのように骨盤がガタガタ傾いたり、左右にスライドしながら歩いているのを見かける。
    他に目を向けると高校生も似たような姿で、更に膝下で歩行し、臀筋群も股関節の可動も小さい。立ち姿は、膝関節過伸展して股関節内旋が目立つ。

    会社員だけでなく、学生も座りっぱなしの時間が多く、近年ではタブレットでノートをとることから、姿勢も悪い。
    会社員は就業中にカラダを動かす時間はないが、学生は体育の授業があるので、球技や水泳、持久走だけでなく、自重トレーニングを取り入れた授業内容や身体をケアする授業内容があっても良いと考えている。弱化していく筋群は、授業中の姿勢が崩れ集中力や記憶力などが低下する原因になるであろうと考察する。
    部活動で運動部に所属する者だけでなく、授業内からアプローチすることで、健康なカラダ作りに若い世代から取り組めると考え、自身もそれを少しずつ取り入れて活動できたらと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です