小指が使えない生活―「長橈側手根伸筋」について  byサイモンズレミ

 昨年末バタバタと慌ただしく師走を過ごしている時に、手をぶつけて右手小指の腱を切ってしまいました。それほど何の痛みもなく、気がついた時には指がぶらーんと第一関節から折れ曲がっていました。おりしもロールモデル®メソッドの指導者養成講座を受け終わったばかり。いったい私の身体の中で何が起きているのだろうと、どこか冷静に「これは痛くないし腫れてもいないから…骨折ではなさそう、腱かしら?靭帯か!?」などと考えながら指専門のクリニックへと駆け込みました。レントゲンを撮ると、やはり骨折ではなく、先生曰く「指を伸ばす筋肉の腱が切れている」ということでした。そこですかさず「筋膜の勉強をしたばかりなんです!詳しく教えてください!」と前のめりで言うと、先生はご自身が解剖なさった手の写真が載っている解剖書を出してきて、見せてくださいました。その写真を見てわかったことは、指を伸ばす筋肉の腱は薄く平らで、そのため切れても縫うことができず、ギブスで固定して腱がくっつくのを待つしかなく、指を曲げる筋肉の腱は棒状の丸みがあるもので、それは切れても縫うことは可能だ、ということでした。

その日から私の2か月間のギブス生活がスタートしたのです。

 最初はただの小指、だと思って軽く考えていましたが、いざ小指が使えない生活を始めると、小さな小指でもとても大きな役割があるのだ、と気づかされました。小指が使えないだけで、腕に力が入らないのです。包丁も握れません。財布から小銭も出せません。洗濯バサミもつまめません。そうして一週間が過ぎた頃、私の前腕は疲労が蓄積し、パンパンに固くなってしまったのです。慌ててセラピーボールを前腕に当ててスキンローリングをしてみると、痛いこと痛いこと。そこでこの小指を伸ばす腱の先にある筋肉はどこにつながっているのだろう?と疑問に思い、養成講座で使った解剖学の本のページをめくり、前腕の筋肉について調べ始めました。そして一番凝り固まっている筋肉は長橈側手根伸筋、つまり指を伸ばす筋だ、ということが分かりました。これらの筋肉は手関節を伸展させたり、人差し指から小指を伸展させる筋肉です。長橈側手根伸筋を覚醒させる日常の動作は数え切れないほどある!と身をもって学びましたが、子育て中の母親である私は、「包丁を握り手首を安定させながら、包丁の刃先を持ち上げ硬い人参を切る」という動作がこの筋肉をよく働かせ覚醒させることに気づきました。ピラティスやヨガのポーズでは、「四つ這いになるポーズなどで手関節を伸展させ、手の指もしっかりと伸ばし、床をとらえ手首を安定させる」という動作がこれらの筋肉を覚醒させてくれます。

 

 

ロールモデル®メソッドの指導者養成講座を受けたことで、身体に対する向き合いが変わったのが自分でもわかりました。今回の怪我の経験を通して、身体に何が起こっているのだろう?と疑問に思い、色々と自分で調べるようになったのです。そして「ギブスが外れた後は筋膜は固まってしまって、指を思うように動かせないだろう。」と感じました。その時にはロールモデルメソッドの筋膜リリーステクニックを施し、自分の指がどこまで回復するか、その過程を身体を使った人体実験のように観察するのが楽しみで、今からワクワクしています。

(ご報告)

その後、2ヶ月半のギプス生活を経て、小指の腱はつながりましたが、ギプスを外した直後は指が真っ直ぐなまま曲がりませんでした。さらに2ヶ月かけてゆっくりと指を曲げる練習をし、今は8割ほどまで曲がるようになりました。特に後遺症もなく、腕のストレスが少なかったのも、セラピーボールでセルフケアをしながら過ごしたことが大きかったと思っています。

サイモンズ=レミ (ロールモデルメソッド®認定講師)著

1 thoughts on “小指が使えない生活―「長橈側手根伸筋」について  byサイモンズレミ

  1. hikaru.k より:

    指の第5指、第一関節の腱断裂についてしらべてみました。
    指を伸展する腱が断裂したことで終止腱の断裂マレットフィンガーの1型と思われ
    日常の突き指などでよく起こります。
    自身が調べても腱断裂で伸展位で固定6〜8週間くらいかかり、骨折の方が短い固定期間で固定が外れます。
    それを考えるとやはり腱が細いから付きにくいんだと理解できました。
    上腕骨外側上顆に起始する筋(長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、小指伸筋その他)
    収縮すると伸展(背屈)するので屈曲(底屈)を緩めて徐々に動きを出せたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です