テレワークの不調、エコノミー症候群の原理

ふくらはぎの筋肉を柔らかくすることで脚のむくみが改善され、痩身につながるばかりか、疲労回復、体調がグンと良くなるのをご存知でしたか?それは何故でしょう?

米国のジェームス=レビーン博士は“座りっぱなしは喫煙よりももっと毒”と提唱、このように述べています。“座りっぱなしは喫煙よりも、HIVウィルスよりも、パラシュートでジャンプするよりももっと危険で、死に向かって座っているようなものだ”。 とても恐ろしいことですが、畑を耕し苗を植え、野山を駆け回った昔の生活様式はもうありません。2020~2021年にわたって世界中でコロナウィルスが吹き荒れる中、老若男女を問わず体を使った労働や娯楽よりもデスクに向かい、椅子に座る時間が圧倒的に増えている、という事実は拭い去れません。また飛行機や車で移動の多い人たちも下腿に血栓ができやすくなるのです。

下腿の裏側には2つのパワフルな筋肉があります。腓腹筋とヒラメ筋です。腓腹筋は表面に近く、左右2つの部分から成り立ち、膝の少し上からかかとまで。ラテン語では「脚の胃袋」の意味で、ランナーの下腿を見ると、プリプリのタラコのように2腹の盛り上がった、胃のような形がよくわかると思います。かたやヒラメ筋は腓腹筋の深部にあり、こちらは膝からかかとまで続きます。大きな平べったい形で、ラテン語の意味は「サンダル」。

解剖学者によってはこの2つの筋肉をひとつとして考える人もいますが、それぞれが違った役割を持っています。腓腹筋はスピードの早い走る、ジャンプなどの動きに携わり、ヒラメ筋は私たちがまっすぐに立てるように力強く支えてくれます。(興味深いことに、犬など、ヒラメ筋がない動物も多いのです。馬に関しては、一度はあったけれど、進化の段階で退化してしまったようです。)

ヒラメ筋のもう一つの重要な役割は、下腿に降りてきた血液を心臓に送り返すポンプの役割をすること。重力の働きで、血液の70%は下腿に降りてくるため、心臓に押し戻す必要があるのです。これが、ヒラメ筋が“第2の心臓”と呼ばれる所以です。 座っているポジションですと、初めの30分で血流はなんと50%もダウンします。槇孝子さんの著書「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」では、外科医の故石川洋一先生が、点滴がうまく落ちない患者さんの、妙に冷たいふくらはぎをさすったら改善したのを見て、「これで血流を改善できたら、万病を防げる」と、メスを捨ててふくらはぎ一筋で多くの治療実績を残されました、とあります。

エコノミー症候群は飛行機のキャビンに長時間座ってることによって起こるため、この名前をつけられました。座りっぱなしでいることで、下腿に血栓ができやすくなるのです。また酸素圧の変化によって、キャビン内の酸素圧と水分が激減します。ふくらはぎの筋肉が滞りなく機能するためには正しい酸素圧と保湿が必要なのです。そのため、飛行機や車で長時間旅行するときは水をたくさん飲んで(コーヒー、お茶、ビールではなくH2O-水です!)歩き回って足首を回し、伸ばし、つま先立ちになったり降りたりして下腿をストレッチするよう心がけましょう。

そしてYTUボールを持ち運び、椅子に座ったままできるマッサージをトライしてみてください。ちなみにふくらはぎリリースにはYTUプラスボールがお勧め。YTUボール(別名セラピーボール)は体をストレッチするだけではアクセスできない深い筋肉と筋膜の層にまで入り込んで内側からストレッチ、中を温めて保湿してくれるのです。 皆さんもこのボールマッサージでふくらはぎを「フワフワしっとり」保ちましょう。セルフケアはヘルスケア。自分の健康は、自分で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です