知らなかった!腰痛の原因 Part1―多裂筋

 

腰痛を経験したことがない!という人にあまり出会ったことがありません。そのくらい、人類永遠の課題といえる、腰。この腰痛の原因のなり得る筋肉はたくさんありますが、きょうはその中でも、あまり聞き覚えのない多裂筋のお話。

 

多裂筋ってなんでしょう?一体どこにあるのでしょうか?これは、脊柱起立筋の奥、背骨に沿ってある、インナーマッスルです。

この図を見てもわかるように、首(頸椎3番)からはじまって仙骨まで繋がっている、長くて力強い、コードのような筋肉なのです。背骨を触ると、背骨の脇に溝があるのがわかりますよね?これが多裂筋です。また仙骨の上を触ると、仙骨を覆っている多裂筋に触れることができます。背骨全体の椎間板に巻き付いた、まるでコルセットのような構造と思ってください。

 

多裂筋の浅部が立つときに背骨をまっすぐにし、深部が背骨を安定してくれるのです。例えば、しゃがんで物を拾う時に、背骨を守るために一番先に働いてくれるのが、多裂筋です。

 

多裂筋の作用を理解しましょう。片側の多裂筋が収縮すると、体を同じ側に側屈(片側に倒す)させます。また両側が一緒に働くと、背骨を伸展(上にストレッチ)させてくれます。

        背骨の側屈                       背骨の伸展                                                       

       

体を捻るときに背骨の屈曲(背中が丸くなる)を防いで、伸ばして引き上げてくれるのが多裂筋です。

 

立っている時、前屈している時、捻っている時、歩いている時、物を拾い上げる時に多裂筋が使われます。また、前屈か後屈をしながら同時に側屈をするときにも使われます。

 

つまり、一日中、背骨を安定させてくれているのが、多裂筋なのです。

 

ヨガのキャットカウのポーズで、背骨ひとつひとつを動かすことができていますか?コアと背骨のバランスがとれていれば、多裂筋はよく働いている、と言えます。ヨガチューナップ®ではこのポーズを「背骨のうねり」と呼び、バランスの良い、健康的で腰に良い動き方を指導しています。

多裂筋の動きが部分的に悪いと、背骨の一部がロックされて、サポートを失ってしまうのです。

 

背骨に怪我をしたとします。たとえ怪我が回復して、痛みがなく、普通の生活に戻れたとしても、背骨はロックされてしまうことが多いのです。事故の結果、多裂筋と、深部のコアの筋肉、腹横筋の動きが制限されるからです。私自身、30年前の事故でロックしてしまった腰を、長年時間をかけ、YTUボールの筋膜リリース、ヨガチューナップのエクササイズで克服することができました。(YouTubeチャンネルも是非ご覧ください。)

 

筋肉の収縮を起こす、多裂筋のサルコメア(筋の節)は他の筋肉に比べてとても小さいのです。筋肉は通常はストレッチをすると弱化するものですが、多裂筋に限っては、ストレッチで強化することができる、というとてもユニークな特性があります。

多裂筋のメカニズムを理解して、正しく前屈と後屈を行い、痛みのない腰を取り戻しましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。