ヨガでカラダが壊れる時

「ヨガでどうして体を壊すのか?」という記事が2012年にニューヨークタイムスマガジンで発表されてからしばらくになります。「体に良い」とみんなが思っているヨガで体が壊れる。そんなことが本当にあるのでしょうか?きょうはこの記事に基づき、アメリカと日本の国民性の違いも考慮しながらお話していきたいと思います。

ヨガのマスターティーチャー、Glen=Blackは40年間セレブやカリスマヨガ教師にヨガを指導してきました。インドのプーネで故B.K.Sアイアンガーに師事してヨガを修行、そのあと人里離れた境地で何年も瞑想修行を続けた大先生です。今ではヨガニードラ、呼吸や瞑想のクラスを教え、その鋭敏な観察力と直感力を使ったボディチューニングとボディワークを提供。彼のところにはヨガの怪我で痛い思いをしたヨギーたちが、リハビリのために通って来るそうです。ちなみに日本でも接骨院に行くと、ヨガの先生ばかりらしいですよ。

Glen=Blacのヨガクラスはごく少数のシンプルなヨガポーズから成り立ち、肩立ちや頭立ちなどは一切やりません。「ただ達成感を得るために忙しく一連の動きを追いかけるヨガならやらない方がいい。」有名なヨガの指導者でも必ず体に弱点があり、それがヨガで浮き彫りになって怪我につながっていくのです。Glen=Black自身、長年ヨガの激しい後屈や捻りの練習を続けたのがたたり、近年になって脊柱狭窄症の手術を経験しています。

Glen=Blackはこう言います。「この頃のヨガを練習する人口そのものが問題だ。インドでは座禅スタイルで座ったりスクワットをすることが当たり前。1日中椅子に座って、体に問題を抱える西洋人が週に2〜3回ヨガを練習、いきなり難しいポーズをするのが体にいいわけがない。」彼は体を壊したヨギーたちにはきっぱりと「ヨガをやめるといい」と伝えています。

「正座の練習をする!」と決めて毎日1時間正座(ヴァジラサナ)し、世界平和を祈って瞑想した大学生の男性。やがて彼は痛みを感じ歩行、階段の登り降りが困難になったそうです。腰からお尻、脚、膝まで伸びる坐骨神経が圧迫されて反応しなくなってしまったのです。正座をやめた途端に体は回復したそうです。

ヨガの早い動きにはリスクが伴います。首の激しい反り(伸展)は特に問題です。通常人間の首は75度伸展、40度屈曲、45度測屈、体軸において50度回旋できるものです。ところがヨガをしばらく練習している人は首を90度回旋―と、通常の倍近くもの可動域があります。B.K.Sアイアンガーはコブラのポーズのとき首は無理をして反りすぎてはいけない、と言っています。28歳の健康な女性がブリッジの練習のときに首を反りすぎて脳卒中になった事件がありました。この女性は2年経っても歩行に問題があり、体の左側に麻痺が残ったそうです。またヨガを毎朝練習していた25歳の健康な男性が首の過剰な屈曲で神経障害を起こし、杖なくては歩行できなくなったそうです。他にもシンプルに思えるダウンドッグでアキレス腱を断裂する人、ハムストリングスを故障する人も絶えません。

アメリカ人は比較的アグレッシブな動きを好み、今でも老若男女、激しく動くヴィンヤーサヨガに取り憑かれて練習している人を見かけます。やがて体に痛みを生じ、股関節や肩関節を置換しなければいけなくなった人を何人も見てきました。ヨガの問題点はパターンの決まった動きを何度も繰り返すことです。私自身は手遅れになる前にそのような練習はやめ、今ではヨガチューナップ®の矯正的動きを中心に練習しています。ヨガが爆発的にブームになってから20年。アメリカではこのように意識を持って体を動かすプラクティショナーが増えてきています。

日本人は一般的に動きの少ないヨガを好むようです。若い人の間でも「寝たままでできるヨガ」が人気を集めているようですが、でもそれはいつかは「寝たきりヨガ」につながっていく、ということを知っておいた方が良いでしょう。体を動かした後にウォームダウンでストレッチをするならともかく、1日中椅子に座った後に「寝たままヨガ」では何のためにヨガをやっているのかわかりません。Motion is Lotion. つまり関節を動かしてあげることで、体内の繊維の間に潤いが生まれ、潤滑に滑り合う関節を保つことができるのです。体を静止させたストレッチよりも、ダイナッミックストレッチ、つまり体を動かし続けるストレッチによって関節の機能性を高め、同じ方向だけの繰り返しでなく、さまざまな方向の動きを探究することが大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です