ポリヴェーガル理論でストレスをなくす7つのステップ〜今年こそ幸せと成功を掴む!

雪崩のようにやってきた2022年。しかも今年は寅年ですね。寅には「延ばす・成長する」という意味があり、寅年は「新しく立ち上がること」や「生まれたものが成長すること」といった縁起のよさを表しています。

長かったコロナ禍もそろそろ出口が見え始め、世の中はまた大きく動こうとしています。寅年の2022年、みなさんは勇敢にジャンプする準備ができましたか?私たちが大きく羽ばたくための一番の大敵はストレスです。誰にでも多かれ少なかれあり、生きていく上で多少のストレスがあるのは仕方ないことです。でも、ストレスが蓄積してトラウマとなり、ブロックとなり、能力が発揮できなかったり、人間や夫婦、家庭関係がうまくいかなかったり、心身のバランスや健康を損ねるようになったら、元も子もありません。

ストレスとは物理的なものではなく、特定の出来事に対して私たちの中で起こる神経の反応です。同じ境遇に遭ってもストレスを感じる人と感じない人がいるわけです。ストレスを管理するのは自分次第で、ヨガやスポーツと同じように繰り返し練習を続け、自分の血肉とし、ライフスタイルのひとつとしていくことができるのです。そしてストレスに押し倒されない、揺るがない自分を確立することが可能です。ストレスの管理として効果的な筋膜リリースマッサージと合わせて、神経の調整方法を学んでみませんか?

1月28日に日本で初めて、ポリヴェーガル理論に基づいたセルフヒーリングのワークショップが開催されます。

 

 

このワークショップでは現在世界中で注目され、セラピーや心理学療法にも盛んに取り入れられ、成功を治めているポリヴェーガル理論の基本を学びます。脳神経学的視点からどんな風にストレスが形成され、体に蓄積されていくか、またそれがどのようにトラウマとして残っていくのかを理解していきます。

講義の後半では、実際に自分でできるテクニックの例をご紹介していきます。それは「今、ここ」に自分を戻してくるエクササイズ、呼吸法、ロールモデルコアジャスボールを使った筋膜リリースとリラクゼーション、そしてヨガニードラです。練習の目的は体内に潜んだストレス全般への対応と、ストレスが体にたまらないように、またストレスが入ってこれなくなるような体作りの方法を習得すること。そして副交感神経を優勢にし、心身を完全なリラクゼーションに導いていくことです。

ポリヴェーガル理論とは?:スティーヴン=ポアジャス博士によって提唱されたこの理論は全世界で様々なセラピーに役立てられ注目されています。詳しくはこちらの動画をぜひ!ワークショップの前に観ておくと、さらにわかりやすくなります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。