お尻が変形!? 関節がヤバイ椅子の生活

自宅時間が増え、パソコン時間が増えると体調も崩れやすくなります。きょうもしつこいようですが、「座る時間が長いことによる害」について。

 

股関節はダイナミックにジャンプしたり階段を駆け上がったり降りたりすることができるようにデザインされています。昔の人は車も自転車もない中、山や谷を越えて畑まで通い、一日中畑仕事をしたあとに山谷を越えて自宅まで帰っていたのです。このように力強く一日中運動ができるように、人間は元来できているんです。しゃがみ込んで用を足したり、正座をしなくてよくなった今の便利な生活様式では、股関節の筋肉は、元来の能力を発揮することはできません。

 

椅子に長時間座ってると、お尻の筋肉、筋筋膜はだんだんと形が変わり、横に広がっていきます。飲み物を取りに冷蔵庫まで歩くとき、トイレに立つときに、お尻の繊維は元に戻ろうとしますが、伸び縮みがあまりできない筋膜自体が元に形に戻るのには時間がかかります。伸び切ってしまったお尻の繊維は、正しく収縮することができないので、歩行や動きに支障をきたすだけでなく、体のあちこちに痛みとして現れるのです。

 

一日座っていたあとはセラピーボールで、お尻のお肉を元の位置に戻してあげましょう。ロールモデル®メソッドのプラウというテクニックで、まるで雪かきをするように一方向に筋繊維をかき分けて、広がってしまったお肉を元に戻すことができます。

 

ボールローリングのあとは少なくとも5分間、股関節の筋肉を収縮させる運動をしましょう。椅子に座っていると伸びきっている股関節の後ろの筋肉は、力強く収縮させることで機能性を取り戻します。関節と筋肉に、本来の働きを思い出させてあげてください。この動画の動画では、ブリッジのポーズをしています。片脚のバージョンはきつかったらやらないで良いので、両脚を踏み込んでお尻を収縮して上に持ち上げましょう。

 

また、できるだけ外に出て、大股で歩きます。前脚は自然に前に動きますが、後ろ脚に意識は向いていますか?後ろ脚を引きずるのではなく、ピキーッツとまっすぐ伸ばし、お尻の周りの臀筋の筋肉をムキッと硬めましょう。これでてきめんにお尻は強化されます👊

 

エレベーターやエスカレーターは極力使わないでください。階段を上がるときは踏み出す脚に乗り込んで、太腿外側から足首までをグーッと押し下げながら、反対の足を持ち上げます。この繰り返しで、お尻はさらに元気に。

 

体全体に安定をもたらすお尻の強化はとても大切です。お尻の形が良くなるだけでなく、背骨や体幹の意識も高まり、腰や体の痛みが起こりにくくなります。最近若い方でも人工関節の置換手術を受ける方が増えていますね。理由は様々ですが、若い時にスポーツ、ヨガやダンスで無理に動かしていた、または自暴自棄な生活をして骨盤の関節窩が壊疽してしまったパターンも見られます。つまり食生活の荒れ、アルコール中毒、運動不足などです。(私の親戚は30代半ばで股関節置換手術を受けました。)

 

せっかく神様に授けてもらった大切な体。みなさんも生涯働いてくれる体作りを今から始めませんか?

 

 

無料Eブックをご希望の方はこちらをクリック!

One thought on “お尻が変形!? 関節がヤバイ椅子の生活

  1. Hiroko Sawaguchi より:

    デスクワークをしていてまた在宅勤務をすることで歩く機会が減った私にはとても興味深い内容です。
    座りっぱなしだとお尻が痛くなる感覚はとても実感しています。
    お尻が硬く痛くなるとそこから腰痛になったことがありました。そのときは自己流でテニスボールなどでお尻を押圧していました。
    バリエーションが少なかったのですがボールプラウという方法を知ったので日々の日課にしたいと思います。
    8年くらい前までは駅から徒歩20分の坂道、階段の上り下りをしていたためか足腰は強かったですが
    引越しをして駅から近いところに住むようになって歩行数が減り筋肉の衰えは感じていました
    そこにコロナになり、さらに歩行数が減っているのが現実なので意識的に歩きたいと思います。
    前に歩くことだけでなく、後ろに伸展させるよう鼠径部をしっかり伸ばして歩いてお尻の筋肉も上げるようにしたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です