テレワークが命取りになるとき

アメリカでは80年代からタバコの弊害が深刻に問題視されていて、オフィス、公共の場所や室内では喫煙できるところがありません。でもこの頃は、「座りっぱなしの生活習慣による害のほうがダバコの害よりももっと悪い」と言われているのです。 

 

この頃「筋骨格の障害」という疾病のカテゴリーで仕事ができなくなる人たちが急上昇しています。それにはギックリ腰、40肩などの身体の故障が含まれます。スマートフォンやパソコンに釘付けになっている時間が長ければ長いほど、私たちの体は滞っていきます。

以前日本で知り合いの妹さんが、オフィスで毎日座りっぱなしの仕事を続けた結果、エコノミー症候群でなんと20代の若さで他界なさいました。また2016年の熊本震災のとき、家で暮らすのが怖いから、と一時車で暮らしていた方たちがいます。その中の何人もがエコノミー症候群で亡くなっているのです。せっかく地震から生き残ったのに、なんという悲劇でしょう。そして2020年からのコロナの自粛で外に出ることも体を動かすことも減っている中、しっかりと知識を持って自分のケアは自分でしていかなければいけません。

 

私たちの体の約70%ほどが水分です。内部が滞ると、体液が流れなくなり、体の感覚も鈍くなっていきます。毎日コンビニ弁当で暮らして体調が悪くても、それすらに気づいていない方もたくさんいらっしゃることでしょう。そのためにも椅子から定期的に立ち上がって体をストレッチすることはとても大切です。しかし中には体が硬い、などの理由でストレッチが嫌いな方もいらっしゃることでしょう。しかし動かないでいると体内の滞りがどんどんひどくなり、しまいに血栓が出来てエコノミー症候群の原因となるのです。

ストレッチや運動が億劫な方は、ぜひYTUセラピーボールのセルフマッサージを試してみてください。

YTUセラピーボールは皮膚からじっくりと体に浸透し、ヨガなどのストレッチ運動だけでは不可能なディープストレッチを深部から起こしてくれます。体が奥から緩むと強い水流でダムが決壊するように、滞って流れの悪くなっていた関節も開き、動きが楽になって痛みやつっぱりも軽減されるだけでなく、呼吸が楽になって気分もゆったりリラックスでき、あなたを安眠に導いてくれるでしょう。これからはセルフケアの時代。テレワークの方、車で移動の多い方、YTUセラピーボールをいつももち歩き、いつでもどこでも、毎日10分、セルフマッサージで体を芯から潤わせてあげてくださいね。

One thought on “テレワークが命取りになるとき

  1. 堀井 公美子 より:

    先日、馨子先生のWSを受講した際に「座りっぱなしの生活は喫煙より害がある」との話に軽く衝撃を受けました‼︎

    その後レッスンで生徒さんにその話をしたところ生徒さんから、
    「じゃあ、座りっぱなしでタバコまで吸ったら最悪なんですね‼︎」と言われて

    私に二つの事柄をくっつける思考が無かっただけに私はハッとしました(笑笑)

    私「そ、そうですね、、」(笑笑)

    世の中はPC社会になり
    PCを使う仕事は社会の大半を占める様になりました。
                          
    1日に12時間近く座ったままの姿勢でいる方はザラにいます
    (うちの主人は12時間以上です、、)

    その為に
    毎日、腰痛や頭痛
    気分の落ち込み
    度起こして鬱病になる方も多くいらっしゃいます、、、

    動かない事により気血水の流れが悪くなり
    筋膜が拘縮してしまい、体が鎖に縛られた様に
    最悪な状態になってしまっているのでしょう、、、

    またPC画面のブルーライトは交感神経を優位にして常に”闘争か逃走”状態にします。

    スマホも同様でしょう

    人は豊かさを求めてAI社会を構築したにも関わらず、、

    幸か不幸か、、
    物質的に豊かになったにも関わらず

    逆行して人の心は貧しく、また体は病に近づいてしまった様に思います。

    極論ではありますが
    昔の様に日が昇ると同時に体を動かし汗を流し、
    日が沈むとともに休息する
    そのリズムに合わせて生活が出来たら
    物質的な幸せよりも
    心の安らぎや安定をえられて

    本当に幸せと感じて
    長生き出来るのでは無いかと
    私は思います。

    (私も中々実践出来ませんが
             努力したいです)

                          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。